袋に詰められるくらいの雑貨や生活用品であれば、少しずつ片づけられますが、ベッドや冷蔵庫などの粗大ごみは捨てに行くのにも手間がかかるので処分に困ることがありますよね。そんな時に、要らない物の処分を代行してくれる不用品回収業者を利用するとよいでしょう。ここからは、不用品回収業者を選ぶ時の注意点と、信頼できる業者を選ぶポイントをご紹介します。

無許可の回収業者の特徴

不用品回収を行う業者は、一般廃棄物収集運搬業許可が必要です。近年では、このような行政から許可を得ずに営業する不用品回収業者が増えています。違法に営業する回収業者に依頼しないように、ここで紹介する無許可の回収業者の営業スタイルの特徴をチェックしておきましょう。

空き地で不用品回収を行う業者

引っ越しや大がかりな片付けの時など、こんなシーンに沢山ある不用品の回収を依頼したいと考えることもありますよね。そんな不用品回収業者を探すときに、避けなければいけないのが悪徳業者を利用してしまうこと…

「無料回収」をうたって街中を巡回する業者

どんな物でも無料で回収します、というようなアナウンスを街中で聞いたことがある方は多いでしょう。そうした業者は無許可であることが多く、利用しないよう行政が呼びかけています。不用品の処分に困っている時…

不用品回収を東京で依頼するにはどの業者を選ぶべき?

不用品回収を東京で依頼するには、まず依頼する目的を明確にするといいでしょう。回収した不用品を買い取ってくれる業者を選べば、料金をお得に済ませることができます。

遺品整理業者による違法なごみの引き取り

免許を持っていない業者には注意

不用品はどんな業者でも回収できるわけではなく、一般産業廃棄物収集運搬業の免許が必要となります。この免許を保有していない業者は、認可されていないもぐりの業者ということになります。そのため、一般産業廃棄物収集運搬業のない遺品整理業者にごみを引き取ってもらうのは、違法なごみの引き取りです。不法投棄の可能性もあるので気をつけましょう。ただし、業者自体が免許を保有していなくても、免許を保有する業者に作業を委託している場合は違法回収ではありません。通常、遺品整理業者のホームページには一般産業廃棄物収集運搬業の免許を保持していることや、発行ナンバーが記載されています。記載がない場合は、電話やメールで問い合わせ確認しましょう。

見積もりや領収書を書面で発行しない

遺品整理業者は正式に依頼する前に見積もりを出してくれるのが一般的ですが、違法のごみ回収をする業者は見積もりを紙面で発行してくれないことがあります。電話で無料ですと言われそのまま依頼すると回収当日に多額の費用を請求されたり、無許可の業者が違法回収していたりする可能性も否めません。見積もりや請求書を紙面もしくはデータで発行してくれる業者なら安心できます。特に、スピーカーで不用品回収のアナウンスをしながら走っているゴミ回収業者は所在地がはっきりせず、違法業者であったとしても訴訟を起こすのが難しくなります。そのほか、口コミサイトで悪い口コミしかない業者も違法営業している可能性が高いので、避けるのが無難でしょう。

回収業者の選定ポイント

はじめて不用品回収を依頼するときは、どんな作業スタッフが来るのか、明確な料金はどのくらいになるのかなど。不用品回収業者のホームページやチラシを見ていても、いまいちよくわからずに心配になることもあるでしょう。ここでは、回収業者を選ぶポイントをご紹介します。信頼できる業者を選定して要らない物を処分してもらいましょう。

複数社で見積もりを取り、妥当な相場価格を把握する

巷には色々な不用品回収業者が存在し、電話一本で直ぐに来てくれる所も多いですが、回収にかかる料金は業者によってかなり上下します。そのため、安くしたい方は複数社の業者に見積もりをとってもらい、結果を比…

不用品回収が取り扱う品目を確認しておく

大そうじなどで家の中の片付けをするときは、意外にたくさんの不用品が出てきますよね。不用品の種類が多いと、ゴミの分別の仕方もわからなくて困ります。そして、重そうな複数の大型家具や家電を目前にすれば、…

エアコンの取り外しやベッドの解体など、柔軟な業務に対応できる業者

不用品回収業者を選ぶときのポイントとして、サービス範囲に着目するのは重要です。不用品回収のサービスはただ不用品を持って行ってくれるだけではありません。家の中から不用品を運び出して積んでくれたり、部…